Ambivalent and Vague

This page is the only Fan Fic.

36/体温

言葉無き世界
34/指先」のつづき


 
 そこに言葉はない。ただ、音がするだけだった。


 ───獣のように短く荒い息遣い、凩のように啜り泣く嬌声。
 ───百合の淫蜜を探る繊細な指、漆黒の髪に埋まる白い指。


 いつもなら求める言葉も、今はいらない。その温もりが欲しい。


 ───人を殺めるときに凍らせた心を溶かすために。
 ───帰りを待つ寂しさから沈めた心を浮かび上がらせるために。


 ただひたすらに、男と女は行為に没頭する。お互いの体温だけを頼りに。


「香…」
「撩…」


その熱に形を与えるためだけに、二人は焦がれる名を呼んだ。

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. せつないふたりに50のお題

プロフィール

うーたん

Author:うーたん
好き勝手に書き散らかしておりまする。書いたお話は、まるで千歳飴(どこ切っても同じ)。タニシのようにひっそりと生息中。

最新コメント

最新トラックバック

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

The antenna is here.

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム


pagetop